夜寝れないならギャバ|詳しい理由と体験者の声。

夜寝れないなら・・・

 

目次

  1. ギャバの働き
  2. 効果的な摂取方法

 

ギャバの働き

 

ギャバの働きは、おもに3つあります。

 

興奮を抑える

 

「いざ寝ようとしても、頭が冴えて眠れない」は、体内でグルタミン酸が活発になっている状態。

 

ギャバは、グルタミン酸を抑制する働きがあるので・・・気持ちを落ち着け、眠りに入りやすくなるといわれています。

 

体温を下げる

 

緩やかな体温降下は、眠気を誘う要因のひとつ。

 

ギャバは深部体温を下げる働きがあるので、自然な眠りに入りやすくなるといわれています。

 

ダメージを軽減

 

体内のギャバは、ストレスを受けるたびに減少していくもの。

 

ストレスにより減ってしまったギャバを補給することにより、快適な睡眠をえられやすくなるといわれています。

 

効果的な摂取方法

 

摂取の量

 

快眠効果を期待する場合には、100〜500mgの摂取量がよいとされています。

 

摂取の時間

 

ギャバの効果は、摂取後30分〜2時間くらいといわれています。就寝30分前の摂取がよいでしょう。